花の咲く風景を描き続けている日本画家・堤栄氏の 
オリジナルリトグラフ〈花物語シリーズ〉をご案内申し上げます。
堤氏は、湖北、歴史の町・長浜の郊外に生まれ 
菜の花畑やれんげ草の広がる田園地帯で少年時代を過ごされました。
その時、花の神秘的な美しさに心惹かれ 
十数年後、麦わら帽子にスケッチブックを片手に旅に出られ 
そして、87年の夏、八ヶ岳山麓の美しい風景に出逢ってから 
作品「花物語」の連作が始まりました。
また、2000年には「愛の絵はがき」に作品が採用され、全国に紹介されました。

本作品は、ご家庭やオフィス、また、贈答品として飾っていただくに相応しい 
オリジナルリトグラフです。