環境ソリューション
水なし印刷

私たちは、WPAが認証する バタフライマークを推奨します。

有害な化学薬品の使用を抑制し、廃液を出さない印刷方式に変える水なし印刷。
マーク

私たちがご提案する水なし印刷は、化学薬品の使用を大幅に抑制した水現像方式です。しかも、有機溶剤や有害な化学物質を含む湿し水を一切使わない印刷方式だから廃液が出ません。その秘密は、版材にシリカを原料としたシリコンを塗布した版構造にあります。これにより、現像処理と印刷において、有害な化学物質の使用量を大幅に低減させ、廃液を発生させないようにしました。私たちアインズ株式会社は「環境にやさしい印刷」を推奨し、お客様からご発注賜わりますカタログやチラシ、出版物、広報誌などの印刷物に対して、「水なし印刷」をご提案し、地球環境保全に努めております。

環境にやさしい水なし印刷

1、BOD…水中の有機物が微生物によって一定時間内に酸化分解される時に必要な酸素量。有機物による水の汚染度を表す目安として生物化学的酸素要求量と呼ばれています。
2、COD…水中の有機物が酸化剤で化学的に酸化分解される時に必要な酸素量。有機物による水の汚染度を表す目安として化学的酸素要求量と呼ばれています。
3、湿し水…枚葉オフセット印刷において、非画像部への印刷インキの付着を防ぐために、版面を湿らせる水溶液。
印刷時の廃液を発生させない

一般に行われている「水ありオフセット印刷」は、文字通り印刷工程において水(俗に湿し水といい、H液※やIPAなどの有害物質が含まれています)を使用し、その水が油をはじく性質を利用してインキがつかない部分を作り出しています。
「水なし印刷」は、刷版の版材がインキをはじくという特性を利用し、インキのつかない部分を作り出すことから、水を全く使用せずに印刷することが可能です。
また、シリコン層現像工程は、回収廃液が発生しない水現像方式ですので、現像液使用量・廃液量も大幅に低減できます。

H液:湿し水に添加する大幅に印刷力を引き上げる薬品。H液にはバクテリアの好餌となる有機物質がふんだんに含まれています。


より高精細に、より美しい印刷

「水なし印刷」は、「水あり印刷」と違ってインキが水でにじむことがありません。よって、「水あり印刷」ではどうしても避けることができなかったドットゲインによる色調の変化も「水なし印刷」では解消。点の一つひとつがくっきりと再現され、高精細で美しい仕上がりの印刷物を得ることができます。さらに、凹凸の大きい上質紙やマット紙、和紙などの場合でもデータどおりの円形のアミ点を用紙上に確実に再現。より美しい印刷物、より正確な印刷物を求めると、答えは「水なし印刷」にたどり着きます。



BACK