環境ソリューション
FSC(R)森林認証紙・再生紙・非木材紙
私たちは、環境にやさしいFSC森林認証紙・再生紙・非木材紙を推奨します。

古紙パルプを使用した再生紙(R100)が環境配慮用紙との認識があります。確かに古紙パルプを使用することは、ゴミの削減、資源の有効活用、森林保全にとって有効ですが、繰り返しリサイクルすると繊維がボロボロになり用紙としての品質が維持できません。品質を保つためにはバージンパルプを一定量混ぜることが必要となります。
そこで当社は環境に配慮し、用途、目的に応じて再生紙の使用だけではなく、森林保護、地球温暖化防止につながるFSC森林認証紙の使用をご提案いたします。

FSC森林認証紙とは

FSC森林認証紙は、「適切に管理された森林からの木材(認証材)」と「問題のある材(保護価値の高い森林、違法伐採材等)を入れないように管理された木材(管理材)」から作られています。したがって、FSCラベルがついた製品を利用することによって、お客様も森林保護や地球温暖化防止に寄与でき、企業の社会的責任を果たすことができます。

再生紙とは

用紙として一度使用した紙を破棄せず、再度活用したのが再生紙です。従来再生紙は、インキの脱墨や塗工剤などの分離作業が煩雑で経費がかさみ、利用度も少なかったのですが、現在は技術改革が進み価格も安定してます。パルプをつくる際、多くのエネルギーが使われ多量の汚水が排出されますが、一度パルプ工程を経た古紙の場合は、木材から紙をつくる場合に比べて、必要な電力や重油のエネルギー量は1/3〜1/5ですみ、排水もわずかですみます。つまり、木材からつくる紙に比べると、古紙から造られた紙は環境への影響がグンと少ないのです。

非木材紙とは

非木材紙とは、木材パルプ以外の資源から作られる紙のことで、あらゆる植物が原料となります。木材パルプ繊維に比べて、強度や風合いなど、それぞれ個性があり、特徴ある紙を作ることができます。

代表的な非木材紙の原料
ケナフ木材に変わる紙の原料として、今最も注目されている植物。アオイ科のハイビスカス属植物で、成長が早いのが特徴。また炭酸ガスを多量に吸収することから、二酸化炭素濃度の上昇を防ぎ、地球温暖化防止にも一役買っています。
バガス砂糖の原料であるサトウキビを搾った後の繊維を利用したもの。農産廃棄物の有効利用が出来るだけでなく、加工に必要なエネルギー量の少ない、環境に優しい非木材紙です。バガスで作った紙は、厚くてとても丈夫です。
「葦」を利用した紙。湖沼の水質を良くしたり、魚や鳥の生息地として見直され、価値が高い植物として注目されています。また成長も早く、世話をしないで毎年4mも育ちます。命の水瓶・琵琶湖のほとりにも自生しています。

環境に配慮した各種マーク
FSC森林認証マーク

Forest Stewardship Council®(森林管理協議会)が定めたマークです。 FSC認証マークを印刷物に表示するためには、認証林から伐採された木材がその後の製造・加工・流通過程で非認証材と区別して管理する仕組みがあることが条件となります。この条件を確実に実行している企業に認定されるのが「FSC森林認証(COC認証)」となります。
(当社:2007年12月20日認証取得)
このようにして認証された企業・組織によって、管理された木材から製造された印刷用紙・製品には「FSCマーク」を付けることができます。
◆COC(Chain-of-Custody Certification:加工流通過程の管理の認証)

再生紙使用マーク

ゴミ減量化推進国民会議が定めたマークです。
再生紙使用マークは古紙配合率が容易に判る表示のことで、使用に際しては特に許認可の必要はありませんが、古紙配合率にとどまらず白色度についても併記することが奨励されています。大きさ、色は自由で、配合率に合わせて数字を選択する仕組みになっています。

非木材紙マーク

非木材紙普及協会が認定しているマークです。
安定供給、品質面で充分に満足できると判断された非木材パルプを使用した紙や紙製品、加工品につけられるマークです。地球環境保全に役立てるために、木材の代替資源としての非木材を利用した製品開発、利用普及と啓蒙活動を図ることを目的としています。

TREE FREEマーク

日本リサイクル運動市民の会が認定しているマークです。
バージンパルプの消費による紙の生産に代えて、非木材紙を社会化する事により、森林資源並びに地球環境を保全するとともに、植林のための基金を得て、持続可能な社会に向け、積極的に貢献することを目的としたTREE FREE PAPER(非木材紙)につけられるマークです。

グリーンマーク

(財)古紙再生促進センターが認定しているマークです。
古紙を再生利用した紙製品を消費者の皆様に積極的に使用していただくことによってリサイクルの拡大を図る、そのためのシンボルマークです。


アインズのオリジナルエコ商品

これまで回収された牛乳パックといえば、ほとんどがトイレットペーパーなど家庭紙にしか使われていないのが現状でした。企業としてその活動の根底に環境問題への取り組みを位置づけなくてはならないと考え、牛乳パックをリサイクルした再生紙で、様々な「ミルクル商品」の開発に取り組み商品化しています。

マーク

牛乳パック再利用マーク
全国牛乳パックの再利用を考える連絡会が認定しているマークです。「集めて使うリサイクル」をテーマに単に牛乳パックの再利用製品を示すのではなく、多くの市民と、行政、販売者、回収業者、再生メーカーが手をつないでつくったシンボルマークです。


BACK