環境ソリューション
ベジタブルオイルインキ
環境に優しい「植物油インキ」が 印刷インキ工業連合会によって制定されました。インキも地産地消の時代です。
植物油インキ制定の背景

環境対応型オフセットインキとして知られているものには、大豆油インキやノンVOCインキ、UVインキ等があります。これらのうち、大豆油インキは日本において1990年代半ばから普及し始め、現在ではオフセットインキの7割以上を占めています。しかしながら、昨今の地球温暖化に伴う異常気象等の影響で各地の穀物凶作の発生や、化石燃料の代替としてバイオ燃料の需要が拡大し、大豆をはじめとした穀物価格が大きく変動していることも事実です。このような状況下で、大豆を原料とする大豆油だけを、環境対応型インキの原料とすることは望ましいこととは言えません。そこで、一般的に非食用とされる他の植物油を使用した環境対応型インキが開発されてきました。

このような背景のもとで、大豆油を含む植物油を使用した環境対応型インキとして「植物油インキ」というカテゴリーが制定されました。

植物油インキの定義
  1. 植物油とは
    再生産可能な大豆油、米ぬか油、亜麻仁油、桐油、ヤシ油、パーム 油等植物由来の油、及びそれらを主体とした廃食用油等をリサイクルした再生油。
  2. 植物油インキとは
    インキ中に含有する植物油、または植物油を原料としたエステル※との合計が、含有基準量以上のインキ。
    ※植物油アルキッドについては、油長(植物油成分含有量)とする。

BACK