プリンティングソリューション
リトグラフ・シルクスクリーン
リトグラフ1
オフセット印刷では難しいとされる薄墨や鉛筆の柔らかな線はリトグラフによって再現できます。

「アルト工房」では、作家の先生方が描かれた作品の「複製画」を中心に制作をしています。その中で取り入れている印刷技法が「リトグラフ」と「シルクスクリーン」です。
「リトグラフ」は別名「石版画」と言われ、本来、石版にクレヨンや解き墨で描いて直接紙に刷っていましたが、最近では石に代ってアルミ版やジンク版、PS版を用いています。
一方、「シルクスクリーン」は孔版とも言われ、布や化学繊維などの素材で出来た孔の部分(メッシュ)を通してインクを刷り込み作品を再現します。素材は、紙以外に、ガラスやプラスチック、金属板などのものが可能であり、ノベルティやポストカードなどの商品を制作しています。

シルクスクリーン1

シルクスクリーンはポストカードやDMなどに利用すれば、保存率の高い、インパクトのある物に仕上がります。

シルクスクリーン1

ノベルティ商品として、ガラス瓶に、蓄光インキを使ったものも制作しています。

リトグラフとシルクスクリーンによる作品の紹介・販売


BACK