エントリーNo.21
ペンネーム伊藤知美
作者コメント 古いカレンダーの写真を背景に、丸めた茶封筒と建築模型材料の残りで作った、即席なんちゃってジオラマです。あとは一眼レフさまさまです。アピールポイントと言えば、作り上げたばかりの模型を躊躇なく汚したことくらい(笑)。 組み立てが簡単で、時間が無くてもすぐに制作出来て助かりました。参加出来て嬉しかったです。
田宮会長
寸評
写真の角度もよく、背景もよかったのですが、丸めた茶封筒を一工夫すれば凄いディオラマになったと思いました。
伊藤知美-1 伊藤知美-2
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.22
ペンネーム香魚夫妻
コメント 「狛犬さんが釣りに出かけたら、トンデモネエ物を釣り上げてしまった」というシチュエーションで製作いたしました。なんでまた狛犬? といいますのは、私は以前個人的な事情から「狛犬造形コンテスト」に参加できなかった経緯があり、後々ちょっと寂しい思いをしたので、今回勝手にリベンジしちゃいました。問題の「大物」は海遊館のお土産のシーラカンスの模型です。狛犬さんは付属の人形を紙粘土で覆って着色しました。後部座席のバケツとスコップは夫が作ってくれました。
今回夫との共同制作という形になりましたが、毎晩遅くまで食卓で向かい合って黙々とプラモ作りに興じるというのも、なかなか楽しかったです。
田宮会長
寸評
写真の取り方がもっと上手だったら、もっと面白かったのにと思わせる作品です。シーラカンスがよくわかりません。狛犬が吊り上げているのがそれだと説明でわかりました。
香魚夫妻-1 香魚夫妻-2 香魚夫妻-3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.23
ペンネーム青島とうちゃん & みっちゃん
田宮会長
寸評
なかなか迫力のある撮影です。丁寧に製作しているのもよいです。
青島-1
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.24
ペンネーム椿菊千代
作者コメント アピールポイントは
①人形の頭部を交換出来るように改造しました(余ったパテで狛犬とぶたも作ってみました)。
②運転席部分を改造し人形に爪先をつけました。
③車軸の受けの部分を削り不安定にして走行時にガタつきがでるようにしてみました。(あまり効果はありませんでした)お恥ずかしい限りの出来ですがとても楽しんで作ることができました。
田宮会長
寸評
自分勝手に盛りだくさんのものを乗せて楽しんでいるようですが、何かストーリー性があってもいいのではないですか?
椿菊千代-1 椿菊千代-2 椿菊千代-3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.25
ペンネーム冷奴
作者コメント 当初、海辺か泥んこレースのイメージで無骨なジープに水着の女の子を組み合わせようと考えたのですが、途中から動物も乗せたいと思い、結果的にタミヤのモ子ちゃんとラビ君を乗せることにしました。ジープ本体はキットがよく出来ているのと可動を生かしたかったので運転席のメーターなどを付け足した以外はそのままです。後ろに積んでいる海遊びグッズはアオシマのスバルサンバーから流用しました。ハンドルはフジミの余剰パーツです。
モ子ちゃんとラビ君はプラモのランナーをヒートペンで成型して製作してます。モ子ちゃんはキットのドライバーの形状を見ながら製作。ラビ君はスプリングで取り付けているので車の動きに合わせて揺れるようにしています。海軍のカラーが似合うかなと思いそれっぽく塗装しております。
田宮会長
寸評
プラモデルの製作は大変上手なベテランの域に達している方の作品で、参加した皆さんのお手本になるのではないですか。
冷奴-1 冷奴-2 冷奴-3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.26
ペンネームぴさたけ
作者コメント 「朽ちたジープ」にしてみました。フロント周りをちょこっといじってみましたが、まだ哀愁が足りないように思えたので、足元にエ○本を隠してみました。きっと現地の子供が家に持って帰れなくて、隠したんでしょうね…。
田宮会長
寸評
「朽ちたジープ」とは大変難しいテーマを選ばれたと思います。次回はがんばってください。
ぴさたけ-1 ぴさたけ-2 ぴさたけ-3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.27
ペンネーム相模原市在住。
作者コメント えー、作品タイトルは「なんちゃってMB(時間切れ)」です。以下、コメント例「イタレリ1/24のMBジープからパーツを流用して、自分の大好きなMBジープのディフォルメミニ四駆を作ってみました。またワイルドミニ四駆のモンスタータイプシャーシーも組み合わせ よりコミカルな面白さを狙ったつもりです。残念ながら諸般の勤務上都合に依りまして、構想(笑)全体の三割程度の進捗状況で参加する次第になってしまいましたが自分自身としては久々に模型道楽の満喫が叶って大変満足しております。参加して本当に良かったです!ありがとうございました。
田宮会長
寸評
時間切れとの説明ですが、次回はちゃんとフィニッシュして実力を見せてください。
相模原市在住。-1 相模原市在住。-2 相模原市在住。-3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.28
ペンネーム池本 剛
作者コメント きっちり綺麗な作品を作り上げるだけの経験も技術も無く、だったらアイデア勝負だと言いたいところなんだけれど、それもまた経験も技術も無いのでアイデアを実現する事が出来ず…結局は、ディフォルメされた独特のフォルムを残しつつ、細部の情報を増やすだけ…という芸の無さに終わってしまいました。サイズ的に丁度合うんじゃないか? と見当を付けて買って来た1/24スケールのジープが、寸法を誂えたように嵌ったので、部品をバラして流用出来たのはラッキーでした。スペース的に座れそうもない運転席だとか、何処に立って撃てば良いのか判らない銃座だとかは、御愛嬌という事にして下さい。
田宮会長
寸評
ジープを汚しすぎました。もう少しジープを労わってあげてください。
池本-1 池本-2
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.29
ペンネームパノラマ堂
作者コメント 後輪を同じミニ四駆シリーズのシティから流用して前後の大きさを変えました。ホィールはイタレリの1/24ジープのパーツを流用。
缶スプレーをプシューとしてエナメルでシャバシャバして完成、したところでタイムアウト。自作フィギュアを乗せて笑っていただこうという思惑はあっさり撃沈。あれもこれもと壮大な構想にスキルがついて行かず。まさに二兎追うもの一兎を得ず。皆さんの力作に身の縮む思い。
パノラマ堂-1 -2 -3
<< 前へ   一覧へ   次へ >>








エントリーNo.30
ペンネーム茶屋主人
作者コメント 2月29日まで一度失敗して改めて頑張ってみましたが、もう時間切れ。思い切って四輪ステァ、荷物を沢山、一同の姿勢を大胆に変更する計画でしたがルパン一家が別の素材ばらばらにして足腰を切り詰める作業が難航して諦めました。完成するとルパン一家と荷物を沢山載せる(はず)でした。
田宮会長
寸評
これも時間切れの作品で残念です。アイデアは山ほどにあったと思いますが、その表現が見られないのは残念です。
茶屋主人-1 茶屋主人-2
<< 前へ   一覧へ

HOMEへ