アインズのユニバーサルデザイン

アインズのアインズのユニバーサルデザイン

人に優しい情報デザインのご提案。
だから、わかりやすい、伝わりやすい。

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン(以下UD)とは、年令や性別、国籍の違いや障がいの有無に関わらず、すべての人の利用を可能にしたデザインのこと。特に現代社会では、人がもっとも多くの情報を得る「視覚」メディアへのニーズが高まっています。

人間中心設計のUD

情報デザインの重要性が高まっている現在、人間中心設計の考え方に基づいた「見やすさ」「わかりやすさ」「伝わりやすさ」を重視し、専門知識を持った有資格者がお客様の情報ツールをコーディネートします。

  • アインズは「UCDAの窓口」企業 第1号です。

    当社は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(以下UCDA)の第1号認定を受けた「UCDAの窓口」企業です。その理念に基づき、UCDの普及や人材育成に積極的に取り組んでいます。

  • ユニバーサルデザイン有資格者が在籍

    情報の作り手として、「わかりやすく改善する知識と技術」を持った有資格者が在籍しています。

    ■UCDA認定
    1級: 5名 2級: 21名
    ■MUD認定
    2級: 1名 3級: 17名

    (2018年11月現在)

》 一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)のサイト
》 内閣府認証NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会(MUD協会)のサイト

アインズUDの特長

1. 科学的に分析

問題点を発見する技術「DC9ヒューリスティック評価法」を用いて、デザインの問題点を見える化。科学的根拠に基づいた分析・評価を行います。

※DC9ヒューリスティック評価法…
DC9ヒューリスティック評価法は、UCDAが独自に開発したシステムです。この評価法は、UCDAのサービス&ソリューションの根幹にあるもので、コミュニケーションデザインの問題点を発見し、定量化します。 DC9ヒューリスティック評価法は、2013年4月の特許を取得しました。

2. 「ひと」中心のデザイン設計

大切なのは、情報を受ける人の立場になって考えること。どんな人が、どのような不満や期待を持っているのか。社会的ニーズを把握し、改善策をご提案します。

3. 「UCDA認証」取得代行サービス

UCDA認証は、「わかりやすさ」の品質保証です。第三者の公正な審査を経て、ユーザーにとって見やすく配慮されたデザインであるという認証取得をお手伝いします。

4. セミナー開催

企業や自治体、団体などを対象に、ユニバーサルデザインの基礎から応用まで学べるセミナーを開催。実際の印刷物やDMを活用した実践的な内容や、社内ご担当者の人材育成にも対応しています。

5. 幅広い情報ツールに対応

印刷物からWEBまで、視覚だけでなく聴覚や触覚の分野まで、すべての人がストレスなく利用できる情報コミュニケーションデザインの実現を目指しています。

UDエクササイズ

この文書の問題点はどこでしょう?

サンプル

正解はこちら

アインズのユニバーサルデザインについてのお問い合わせはこちらまで